長期滞納はブラックになる

カードローンを申し込んで審査に落ちたとき、それがどの業者も審査で落とされた場合は高い可能性でブラック扱いされています。それで金融事故を起こしたことが無いのにブラックになるはずがと思えてきます。しかしどこでも審査に落とされてカードを作られなくなったならば、ブラック扱いされていると考えるしかないです。

 

ブラック扱いされる原因ですが、他で支払いを滞納して払わなかっただけでもブラック扱いされます。例えば本体代金がある状態で携帯料金を滞納して払わなくて、そのままにしていたら金融事故と同じ扱いでブラックになります。

 

しかし、払ったからと言ってブラックの状態からすぐに抜け出せるわけではありません。信用情報機関におけるネガティブ情報の記録は保有期間が決まっているため、その後の数年間に渡って新規でのカード作成が出来なくなるのです。

 

もちろん、ブラックになる原因はカードローンの支払い遅滞でも起こります。3ヶ月以上の滞納となるとブラックとなる場合が多いので、返済が遅れないのは基本中の基本ですが、長期に渡る滞納だけは絶対に避けてください。

 

今の借り入れの返済負担が大きく、毎月の支払いが厳しい場合には、低金利に借り換えて返済を楽にする方法もあります。余裕のある返済計画で進めれば支払いが遅れることもなくなりますので、借り換えで人気のオリックス銀行の借り換えおまとめローンを利用するのも良いでしょう。