消費者金融と銀行系

消費者金融と銀行系カードローン、どちらもサービスは似ていますが、決定的に違いはあります。

 

まず最初に言えることは、消費者金融は総量規制の対象です。一方、銀行系カードローンは総量規制の対象外です。総量規制とは、年収の1/3以上の借入を禁止した法律ですが、銀行系カードローンは銀行業法が適用され、総量規制に引っ掛かることはありません。

 

ということは借入する際は先に消費者金融から借入する方が後々の視野が広がるように思いますが、基本的に銀行系カードローンは審査が厳しく、必ずしもその方法が得策とは言えません。

 

消費者金融は軒並み上限金利を18.0%に足並みを揃えていますが、銀行系カードローンは様々で、大半は消費者金融の上限金利以下で借入することができます。ただし、大手消費者金融は一定の期間の無利息サービスを実施していることが多く、一方で銀行系カードローンは無利息期間サービスの実施は少ないです。

 

つまり定まった期間以内に一括返済などの見込みのある場合は消費者金融の無利息期間サービスを利用するべきかもしれません。

 

なんにせよ消費者金融も銀行系カードローンも、一定の収入を得ている人しか借入することができないので、注意しておいてください。

 

消費者金融で借りるなら手続きの早いプロミスが優れているので、急ぎの際にはプロミスの利用を考えてみましょう。ネットで申し込み後に契約機まで行けば早くに借りられるので、仮に愛知県でお金を借りるならプロミス名古屋の借り方を見ておけば早い使い方が分かります。